会社概要

gaikan

社員と地域を大切に

弊社は、自動車部品のガータースプリング製造を本業として創業してから40年以上、川俣町山木屋地区の皆さまと共に、地域に支えられながら歩んで参りました。
さらに、ガータースプリング製造以外にも、納豆作りなどの食品製造も行なっています。
食品製造業を始めた理由は、職員が定年後に働ける場を提供したいと考えたからです。そして実際に社員からも、工場を定年した後も長く働きたいと言う声が多かったです。
そこで、平成16年から食品製造業を開始致しました。おかげ様で順調に継続することができ、多くの方に愛される商品へと成長して参りました。
弊社のモットーは『誰よりも地域と社員を大切にする会社』です。周りの方が笑顔になり、その笑顔の輪を紡いでいけるような会社にして参ります。
そして、これからも、皆さまの健康づくりや生きがいづくりにお役に立てる存在でありたいと思います。

natto1
スクリーンショット 2018-12-10 14.12.02

食品製造部

川俣町山木屋で毎日、丁寧にコツコツと心を込めて納豆の製造を行なっています。納豆作りの難しいところは、大豆によって扱い方が違うことや、人の手によって美味しさも変わって来ることです。逆に言うと、これらを完璧にマスターした社員が作る納豆の味は弊社の商品の大きな魅力であります。何十年もの間、こだわり続けてきた製法で、豆洗いから水に浸す際は、外気温に合わせて水温管理をこまめに管理したり、産地に合わせたデータを分析・研究したりしながら、素材を最大限に活かす方法を採り入れています。皆様に愛して頂いている、いつもと変わらぬ味をつくるために、日々、感謝と愛情を込めて納豆作りに向き合っています。

スプリング事業部

弊社のガータースプリング製造は昭和47年に始まりました。ガータースプリングは主に自動車部品として使われるものです。そのガータースプリング製造を本業として創業してから40年以上、川俣町山木屋地区の皆さまと共に、地域に支えられながら歩んで参りました。震災後は、一時福島市に機能を移し業務を続けていましたが、2018年からは、スプリング事業部の事務所を川俣町の西部工業団地に新たに新設しました。弊社の自慢は、精密な機械と、それを完璧に扱いこなす社員の高い技術力です。

スクリーンショット 2018-11-30 12.52.52
スクリーンショット 2018-12-04 11.14.14

山木屋の工場の外には24時間販売をしている納豆専用の自動販売機があります。そこで、「女神の納豆」や「こだわり一豆賞」などの自社商品を販売しています。
おかげさまで、非常に売れ行きも良く、ご好評を頂いております。
工場で作った新鮮な納豆を常時準備していますので、山木屋にお越しの際は是非一度お立ち寄りいただけますと幸いです。

スクリーンショット 2018-12-04 10.45.37

現在の建屋には、社員が昼食を食べることのできる社員食堂を準備しました。
以前の山木屋の建屋では、社員食堂がありませんでしたが、これまで大変な苦労をかけてきた社員に、ここが憩いの場になってほしいとの願いを込めて新たに設置しました。
さらに、この社員食堂で提供する食材には、この地で採れたお米や野菜を使っています。食堂で料理の腕をふるって下さる方も川俣町の方です。
お昼時には、美味しい料理を食べながら、社員同士コミュニケーションを取って、午後からの業務に英気を養っています。

会社概要

社名    有限会社カミノ製作所
代表取締役 神野 三和子
所在地   福島県伊達郡川俣町大字鶴沢雁ヶ作92-2(川俣町西部工業団地内)
設立    昭和47年3月13日
事業内容  金属加工業 食品製造業
従業員   18名
資本金   10,000,000円
生産量   1200万本/月

ご挨拶

弊社は、ここ山木屋地区で昭和47年に自動車部品の製造会社として川俣町山木屋地区に設立され、主にガータースプリングの製造を進め基盤を固めてまいりました。さらに、平成16年からは、納豆の生産・販売も開始し、この山木屋地区で地域の皆様の力を借りながら営業を続けて参りました。その後、東日本大震災と原発事故の影響で、一時は故郷を離れなければいけない状況になりましたが、皆様のお力をお借りして、ここまで営業を続けることができました。食品製造部は2015年より、そしてガータースプリング事業部は2018年に故郷の川俣町に機能を移しました。これまで以上に、皆さまの健康づくりや地域のお役に立てる存在でありたいと思います。
今後ともご支援ご指導よろしくお願い致します。

代表取締役 神野 三和子

スクリーンショット 2018-12-03 12.58.07
 
 
PAGE TOP